イベント情報

健康・省エネシンポジウムinなら(CPD認定プログラム)

2016.12.02

地域材を活用した健康・省エネ住宅の普及と住環境を含むトータルヘルスケアで県民を健康に!

 

奈良県の医療、住宅、林業に携わっている方々を軸に県民に信頼される「奈良型健康・省エネ住宅」を作り上げることは、奈良県の活性化、地域創生となります。

本シンポジウムでは、国で検討が進む「家族の健康のための住宅」を奈良県の皆さんが一体となって進める可能性を探ります。

 

※ご来場の皆様に健康と住宅関連冊子3点セットをプレゼント!

 

 ならシンポ

 

■日時 

2016年12月18日(日) 14:00 ~ 17:00 (受付13:30~)

 

■会場

国立大学法人 奈良女子大学 G201講義室(理学部G棟)

〒630-8506 奈良県奈良市北魚屋東町(近鉄奈良駅より徒歩5分)

 

■参加無料

 

■お申し込み方法

ページ下のPDFをダウンロードして頂き、FAXでお申し込みください。

FAX:0744-24-6815 

 

 

■お問合先

関西学研都市健康・省エネ住宅地域協議会 事務局 (株式会社丸産業【担当】佐々木)

Tel:0744-25-1910

 

※詳細はページ下のPDFをご覧ください。

 


………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
☆今回の奈良のシンポジウムに参加されると建築士のCPD制度のポイントが加算されます。

「建築士会継続能力開発(CPD)制度」とは
「建築士法 第22条」に基づいて、「建築士会」が継続能力開発を行っている人の実績を確認して証明し、表示する自主制度です。
「建築士」に付託された社会的責務を全うするために、必要な継続能力開発と専攻領域及び専門分野に見合う能力開発の内容を社会に明示することを目的にCPD制度を平成14年11月より開始しました。 
建築士を取り巻く環境変化や諸問題に対処すべくCPD制度に登録し、CPD手帳を手に積極的に研修に参加し、実績を社会に示すと同時に、新たな自主資格認定制度である「専攻建築士」を目指しましょう。

当サイトで掲載のPDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、左のロゴからダウンロードしてください。