国策情報

[税金関係] 【リフォーム】バリアフリー(固定資産税減額)

バリアフリー改修工事を行った人が受けられる固定資産税の減額です。

工事完了後3か月以内にお住いの自治体に書類を提出する必要があります。

 

改修時期 2013年1月~2018年3月末
期間 1年間
軽減額 3分の1を減額(100m2相当分まで)

 

【要件】
(1)2007年1月1日以前から存していた住宅(賃貸住宅を除く)

 

(2)次のいずれかに該当する者が居住していること。

  1. 65歳以上の者
  2. 要介護または要支援の認定を受けているもの
  3. 障害者 

 

(3)一定のバリアフリー改修工事が次のいずれかに該当すること

  1. 通路などの拡幅
  2. 階段の勾配の緩和
  3. 浴室改良
  4. 便所改良
  5. 手すりの取り付け
  6. 段差の解消
  7. 出入口の戸の改良
  8. 滑りにくい床材料への取り換え

 

(4)バリアフリー改修工事費用が50万円超(2013年3月31日までの工事契約であれば30万円以上。)※補助金などを控除した額

 

国土交通省ホームページ
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_fr2_000011.html