国策情報

[補助金] 住宅ストック循環支援事業

自ら居住することを前提に、良質な既存住宅を購入される方と、エコリフォ―ムをされる方、エコ住宅への建替えをされる方へ補助金が交付されます。

エコリフォームは一戸あたり上限30万円、建替えは一戸あたり上限50万円の範囲で工事内容に内容に合わせて交付されます。

「事業者登録」「交付申請」「完了報告」などの手続きが必要です。

※工事着手(請負契約)は予算成立日(平成28年10月11日)と事業者登録を行った日のいずれか遅い日以降です。

 

予算消化次第終了 

 

 

事業者登録 平成28年11月1日~平成29年3月31日まで (※事業者登録期間は終わりました)
事業登録 平成28年12月12日~平成29年3月31日まで(住宅の購入(買取再販)・エコ住宅(分譲住宅)の場合のみ)
交付請期間 平成29年1月18日~予算の執行状況に合わせて公表(遅くとも平成29年6月30日まで)
完了報告期限

遅くとも平成29年12月31日

補助限度額

良質な住宅の購入   50万円/戸(65万円/戸)*

住宅のエコリフォーム 30万円/戸(45万円/戸)*

エコ住宅への建替え  50万円/戸

補助金交付

事務局より振込 

 *()は耐震改修を行う場合

 

はじめに)事業者登録 ※登録期限:平成29年3月31日まで

全申請タイプに対してホームページ上で登録手続きが必要です。⇒ https://stock-jutaku.jp/register/ ※登録期間は終了しました

 

【登録に必要な書類】

法人 : 法人名称、法人番号/(必要書類)法人登記の登記事項証明書

個人 : 屋号、個人事業主の氏名/(必要書類)事業主の印鑑証明

その他:建設業許可(許可業者の場合)など

 

 

1)良質な住宅の購入(延長されています。)

【要件】

  • 若者(予算成立日(平成28年10月11日)において、40歳未満の者とする。)が、自ら居住する住宅として、既存住宅を購入すること
  • インスペクションが実施され、既存住宅売買瑕疵保険が付保されるものであること
  • 予算成立日(平成28年10月11日)以降に売買契約を締結し、事業者登録日以降に、既存住宅の引渡しを受けること

 

【補助対象】

  • インスペクション 依頼主に費用負担が生じるもの(自身が行うものは補助対象外)
  • エコリフォーム 「住宅のエコリフォーム」に定める内容によります

 

【補助額】

  • インスペクション 5万円/戸
  • エコリフォーム  エコリフォームに対する補助額に定める額

 

【補助限度額】50万円/戸( 耐震改修を行う場合 65万円/戸 )

 

【不動産売買契約】平成28年10月11日以降(遅くとも平成29年9月7日)

 

【事業登録(買取再販の場合)】平成28年12月12日~成29年3月31日

 

【引渡し】平成28年10月11日と事業者登録を行った日のいずれか遅い日(遅くとも平成29年12月31日)

 

【交付申請】平成29年1月18日~遅くとも平成29年9月7日まで

【交付申請受付期間】平成29年8月1日~9月7日(郵送・必着)

 

【完了報告】遅くとも平成29年12月31日まで (買取再販の場合は遅くとも平成29年9月7日)

 

2)エコリフォーム(延長されています。)

【要件】

  • 自ら居住する住宅について、施工者に工事発注して、エコリフォームを実施すること
  • エコリフォーム後の住宅が耐震性を有すること
  • 予算成立日(平成28年10月11日)と事業者登録した日のいずれか遅い日以降に、工事着手すること

 

【対象となる工事内容】

次の1~3の改修工事(いずれか1つが必須)かつ1~3の補助額が5万円以上となること。

※事務局に登録されている製品を使用すること。

  1      開口部の断熱改修(ガラス交換、内窓設置、外窓交換、ドア交換)
  2       外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

  3 

   設備エコ改修(エコ住宅設備を3種類以上設置する工事)

 ※太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓   

 

    + これらに併せて行う場合申請可能な工事等(補助金加算)

                    

  4  

その他の工事等

 ・バリアフリー改修(手すり設置、段差解消、廊下幅等拡張)

 ・エコ住宅設備※1 (1種類または2種類の設置)

 ・木造住宅の劣化対策工事※2(土間コンクリート打設等)

 ・耐震改修工事

 ・リフォ―ム瑕疵保険への加入

※1.太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓

※2.リフォーム瑕疵保険に加入するものが対象

 

【補助限度額】30万円/戸( 耐震改修を行う場合 45万円/戸 )

 

【工事着手(請負契約)】平成28年10月11日と事業者登録を行った日のいずれか遅い日以降

 

【工事完了】遅くとも平成29年12月31日

 

【交付申請】平成29年1月18日~遅くとも平成29年9月7日まで

【交付申請受付期間】平成29年8月1日~9月7日(郵送・必着)

 

【完了報告】遅くとも平成29年12月31日まで

 

 

3)エコ住宅への建て替え(※締切ました)

 【要件】

  • 耐震性を有しない住宅等を除却した者又は除却する者が、自己居住用の住宅として、エコ住宅を建築すること
  • 予算成立日(平成28年10月11日)と事業者登録した日のいずれか遅い日以降に、エコ住宅の建築工事に着手すること

 

【補助対象】

  • 非木造住宅・・・トップランナー基準以上
  • 木造住宅・・・省エネ基準以上

※省エネ性能のレベルと長期優良住宅の認定の有無の組み合わせにより、補助額が変わります。≪詳しくは ⇒ https://stock-jutaku.jp/rebuilding/

 

【補助限度額】50万円/戸

 

【建築工事着手】平成28年10月11日と事業者登録を行った日のいずれか遅い日以降

 

【建築工事完了】遅くとも平成29年12月31日

 

【事業登録(分譲住宅の場合)】平成28年12月12日~成29年3月31日

 

【交付申請】平成29年1月18日~(遅くとも平成29年6月30日)

 

【解体・滅失登記】予算成立日(平成28年10月11日)の1年前の翌日~遅くとも平成29年12月31日まで

 

【完了報告】遅くとも平成29年12月31日まで

 

 

 

※交付申請方法

 事務局が提供する「申請ポータル」(WEBサイト)で行う。

 まずは事業者登録から ⇒ https://stock-jutaku.jp/register/

 

 

 

▼申請資料のダウンロード、申請方法等は「住宅ストック循環支援事業」のホームページよりご確認ください。↓

https://stock-jutaku.jp/ (国土交通省)